「帰国後仕事が見つからない?」~海外就職を失敗に終わらせないために必要な3つのこと~

  • 上野 陽子上野 陽子

「海外就職をして数年働いた後、日本に帰国してみたら仕事が見つからない」
海外就職をサポートする立場として、日々多くの海外就職者や海外就職経験者とお会いする機会があります。「海外での経験が自身のキャリアに多いに役立っている」「将来の選択肢が増えた」「日本では経験できない仕事に挑戦できている」という声を耳にする一方で、残念ながらこういった声を聞くこともあります。
少なからず期待と希望を持って挑戦したはずの海外就職が、なぜこのような結果になってしまうのでしょうか? また海外就職をそのような失敗に終わらせないためにどうしたらいいのでしょうか?
そこで今回は、その失敗の原因、そして海外就職を失敗させないためにすべきことをご紹介します。ぜひ海外就職前の参考にしてみてください。

1.海外就職失敗の原因とは?

thinking

では海外就職失敗の原因とは何でしょうか?
それは、「海外にいただけで、スキルアップできていない」ことです。
海外を志す方の中には、「海外で働く経験」=「今後のキャリアになる」と考え、とにかく海外で働ければどんな仕事でもいいと就職先を決め渡航するケースがあります。
正直「国も業種も職種も待遇も問わず、海外で働ければいいです」という場合、仕事を見つけることは難しいことではありません。そして実際海外に出て、日本ではなかなか掴めないようなチャンスを掴み、キャリアアップしている方がたくさんいるのも事実です。

ただ、間違えないでいてほしいことがあります。
それは、「海外で働く経験が‘必ず’今後のキャリアに繋がる」という訳ではないことです。

海外の仕事の中には例えば日系のコールセンターなどで、日本人の同僚に囲まれ、日本人向けにサービス案内をするというような仕事があります。そのような環境の中で働いている場合、特にスキルも語学も身につかずに数年を過ごしてしまうケースがあります。
そしてその後帰国して日本で就職活動をしてみたら、「仕事が見つからない」のです。
「今後のキャリアになる」と飛び出した海外の経験が、全く評価されないのです。
このような場合、キャリアアップという観点からみた海外就職は、成功したとは言い難いでしょう。

2.海外就職経験者への国内企業の評価

thinking

では「海外で働いていた人」と聞いて、企業はその人に何を期待するでしょうか?それは、

・ビジネスレベルの英語力
・全く違う文化、環境の中で仕事を遂行する能力、タフさ
・多国籍の環境の中でコミュニケーションがとれる柔軟性

など、日本では得られないようなスキルを期待しています。
もし海外で働いていたけれど、英語で仕事をしていた訳ではないし、特別なスキルも身に付いていない場合、企業はその人に魅力を感じるでしょうか?海外で数年就業したのに英語も話せない人、また日本と違う環境にいたにも関わらず、何も戦略的に行動しなかった人、とマイナス要因にとられてしまうのです。
そして最悪、‘海外にいただけのノーキャリア人材’という烙印を押されてしまうのです。

3.海外就職を失敗させないために必要なこと

thinking

では、海外就職をそんな失敗に終わらせないために必要なことは何でしょうか?
最低限やっていただきたいのは、下記の3つです。

1.なぜ海外で働きたいのか?<目的>、海外でどんなスキルを身に付けたいのか?<目標>を明確にする。

海外で活躍しキャリアアップされている方はこの2つがとても明確です。

海外で働く目的が明確だと企業の選考が通りやすく求める仕事に就きやすいだけでなく、仕事を始めてからもモチベーションを一定に維持することができます。

また身に付けたいスキルが明確だと間違った仕事選びをしてしまうリスクを減らすことができ、仕事が始まってからも自身のスキルを定期的に振り返り着実にスキルアップすることができます。

「とにかくすぐにでも海外に出てみたいんです」「どこの国のどんな仕事でもいいんです」とご相談をいただくこともありますが、ぜひここはじっくりと考えてみましょう。

2.身に付けたいスキルを得られる仕事を選ぶ。

就職活動をスタートしたもののなかなか思うように結果が出ないと、ついつい身に付けたいスキルが得にくい仕事や、これまでのキャリアが全く活かせない仕事にも目がいくようになります。
そのような時は常に目的や、目標に立ち返り、決して安易な方向に流されないようにしましょう。

3.現地では身に付けたいスキルがどの程度身に付いたか定期的に振り返り、計画的にスキルアップをする。

海外で働いている方に伺うと‘特に始めの1年はあっという間に時間がすぎる’と言います。
数年経って気づいたら予定通りスキルアップできないまま帰国が近づいていたなんてことがないように、定期的に身に付けたかったスキルが得られているか?このペースで大丈夫か?振り返りをながら、しっかりと計画を立ててスキルアップを目指しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?
海外で働くという選択肢が皆さんにとって価値あるものになりますように。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメ!

  • 海外就職に必要なステップを知って海外就職を成功させよう!

海外就職成功のための6つのステップ