バンコクの週末が楽しくなる!在住者がおすすめする、週末の過ごし方7選

  • CareerWith タイ編集部CareerWith タイ編集部

バンコクで生活していると、タイにいることを忘れてしまうほど、日本人が溢れています。

しかし、年中夏のような気候のため、あまり外出せず、家にこもった生活をしている人も少なくありません。

もったいなーい!バンコクには楽しく過ごせる場所がいっぱいあるんです。そんな中から、おすすめスポットを幾つかご紹介します。

 

1) 外歩きが苦手な方にオススメ!カフェ巡り

タイ人はコーヒーが飲めない。というのは、昔の話。最近はカフェブームで、新しい店舗がどんどん増えています。

 

先ずは、ハイソなタイ人に大人気の “ROAST” ロースト

コーヒーはもちろん、パスタなどの軽食も美味しいです。見た目もオシャレ!

 

この日はランチに行ったので、サラダにメイン、ドリンクも付いて、320バーツ(約1000円)でした。

お店は良い雰囲気の、広くゆったりとした造りなので、1人でも、ご家族と一緒にでも楽しく良いひと時を過ごせる空間です。

 

◼︎電話番号:+66 2 185 2865

◼︎営業時間:日 9:00-22:00, 月〜木 10:00-23:00, 金・土 9:00-23:00

◼︎定休日:なし

◼︎http://www.roastbkk.com

 

 

次にご紹介するのは、読書好きにピッタリの、

“Casa Lapan x26″カーサラパン

日本人が多く住むプロンポン駅から徒歩7分ほどのところにあり、欧米人も朝早くから利用しています。

静かに過ごせる大人のカフェです。

ドリンクは100バーツ前後、パスタ・メイン料理は300バーツ前後でした。

 

◼︎電話番号:+66 2 000 5546

◼︎営業時間:金〜日 7:30-24:00, 月〜木 7:30-22:00

◼︎定休日:なし

 

 

2)疲れた身体を癒したい方にオススメ!ハーバルボールマッサージ

タイマッサージは、日本でも有名ですが、同じくタイのマッサージとして有名なのが、ハーバルボールマッサージです。

たくさんある中から、人気のあるお店のひとつ”Asia Herb Association”をご紹介します。

ハーバルボールとは、ショウガ、レモングラス、こぶみかんなど、デトックス効果や血行促進効果がある乾燥ハーブをコットンの布に包んだものです。

(イメージ図)

 

ハーバルボールを温めたものを体に乗せ、少しずつ移動していきながらマッサージしていきます。始めは熱く感じますが、身体中がじんわり温まってくるので、終わる頃には血の循環も良くなり体がスッキリと軽くなります。

お店の雰囲気やスタッフの感じも良く、マッサージをせずとも癒される空間です。

数店舗あるので、お店の場所は、HPをご参考ください。

http://asiaherbassociation.com/

 

 

3)タイ人への理解を深めたい方にオススメ!お寺めぐり

先ずは近場の、ワットスタットとワットポー。

ワットスタット(วัดสุทัศน์)は、大きな鳥居が有名で、昔は、お坊さんが鳥居にぶら下げられた舟に乗り大きく揺らすという行事もあったそうです。ご想像通り、危険なので中止となりました。

見た目のインパクトから、写真スポットとして人気です。

ワットポー(วัดโพธิ์)には、大きな涅槃像があります。

タイでは生まれ曜日の仏像があり、生まれ曜日の仏像を拝むと幸運をもたらされると言われています。涅槃像は、火曜日です。火曜日生まれの方にとっては、より良いお寺ということになりますね。

見落とされがちですが、ワットポーではタイマッサージも行われています。フットマッサージだけでも、是非お試し下さい。

更に見落とされがちなのが、ルーシーダットンの像です。多くのポーズがあり面白いですよ。真似してみるのも楽しいですね。

 

続いて、ちょっと足を伸ばして、チャチュンサオ県にあるアミューズメントパークのようなお寺、ワットサマーンラッタナーラーム(วัดสมานรัตนาราม)。バンコクから90㎞ほどのところにあります。

こちらで有名なのは大きなピンクガネーシャです。タイ人が、仏教以外の宗教に対しても敬い、また、曜日を大切にしていることも感じることができるお寺です。

お願い事をするときは、自分の生まれ曜日のカラーのネズミの元で行います。事前に調べておくといいですね。ネズミ達が、ガネーシャに願いを伝えてくれるそうです。

 

 

4)1日でタイ一周旅行をしたい方にオススメ!ムアンボラーン

タイ全土の歴史的建造物を一度に見ることができます。広い園内は、カートや自転車でまわることができ、解説付きのトロリーバスもあります。建造物以外にも水上マーケットの雰囲気を味わえる場所もあり、また、タイ料理も食べることができるので、1日でタイ国内一周旅行が完了です!

実際には気軽に行くことができない、タイとカンボジアの国境付近にある、カオプラビハーン遺跡。ミニチュアとは思えないくらいの規模で、感動しますよ。

 

 

5)短時間で旅行気分を味わい方にオススメ!クレット島

 

島とありますが、実際は中州です。対岸まで車で行き、舟に乗って渡ります。乗船時間は3分ほど、料金は3バーツ(9円くらい)。多くのお店は、週末のみやっています。

島で有名なものは素焼きで、安価なものから高価なものまで、大きさも大小様々です。じっくり選べば、自分の用途に合った良い物に出逢えること間違いなし。

デザインも美しいので、私はコーヒーカップをインテリアとして購入しました。

 

 

6)お子様と暑さを感じず長時間楽しみたい方にオススメ!アートインパラダイス

地下鉄MRT Thailannd Cultual Centre駅から徒歩1分、エスプラネードの4階にあります。

写真を撮るのが大好きなタイ人の若者にも人気のスポットです。

立体的に見える不思議なアートがいっぱい!絵の中に入って面白写真がたくさん撮れますよ。

私は日本から遊びに来ていた友人家族を連れて行きました。小学生の友人の子は、絵画の中に入ったり、トリックに惑わされたりしながらも、終始大喜び。大人も時間を忘れ、夢中になって遊んでしまいます。

詳細はホームページで確認してみてくださいね。

http://www.artinparadise.co.th/index.php?&lan=en#gallery

 

 

7)波の音を聞きながら週末をゆっくり過ごしたい方にオススメ!サメット島

ラヨーン県にあるサメット島は、バンコクから車で約3時間、スピードボートに乗り換え約10分という場所にあります。日帰りも可能な気軽に行ける小さな島です。

私たちは、町を離れ、何もしないをしに行ったので、より静かな大人の雰囲気漂う、西側のアオプラーオエリアに行きました。空と海、砂浜、夕日…波の音を聞きながら癒しの時間を過ごしました。

パラセーリング、バナナボートなどのマリンスポーツやアクティビティを楽しみたい方は東側のサーイゲーオビーチがおすすめです。一日中遊んでいられますよ。

夜はファイヤーダンスも楽しめます。

 

 

週末だけでも充分楽しめる魅力あふれるタイ。一度住むと離れられなくなりますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメ!

  • アジア各国の働く環境や生活環境をもっと詳しく知りたいなら…

アジア各国の就職ガイドを見る