香港の週末が楽しくなる!在住者がおすすめする、週末の過ごし方7選

  • CareerWith 香港編集部CareerWith 香港編集部

小さなエリアの中に、人も、魅力的なスポットも、ぎゅっと詰まった街、香港。

平日は頑張って働いて、さぁ休日何をして過ごそうかなと悩まれる方も多いのでは?

アクティブに過ごしたい日も、今日はのんびりしたいなという日も、それぞれの過ごし方に合わせたプランを7つ、ご紹介します。

 

1) 飲茶でおなかと心を満たそう

 まずご紹介するのは定番、香港といえば飲茶ですよね。

Photo by CNN

ちょっと遅めに起きた朝に、朝ごはんとお昼ご飯を兼ねたブランチとして飲茶を楽しむのがおすすめです。

活気づいた店内の中で、おいしい点心と一緒にわいわいがやがやとおしゃべりを楽しむのが私の大好きな過ごし方です。

香港には本当に数えきれないほど点心が食べられるお店がありますので、自分で足を運んでみてお気に入りを見つけるのが一番です。

 

私のおすすめのお店は、添好運(ティムホーワン)!

香港で点心といえばここ!というほど人気のお店はやはり確かなおいしさがあります。ミシュランで一つ星を獲得したのはその証です。

Photo by The Telegraph

ここのチャーシューメロンパンは絶品!日本ではなかなか食べられない、叉焼の醤油辛さとメロンパンのサクサクした甘みが病みつきになります。

このお店はとにかく観光客にもローカルにも人気で、お昼時にはいつも長蛇の列ができています。

 

Tim Ho Wan(添好運)の店舗情報はホームページでチェックしてみてください。

(香港全土に5店舗あり、営業時間などはお店によって違います。)

 

香港には本当にたくさんの点心店がありますが、多少当たりはずれがあるのも確か。

そんな時は、事前に地元の知り合い、友人に「あのお店はどう?」「おいしい店知ってる?」などと聞いてみましょう!

率直で美食家な彼らがアドバイスをくれたり、お墨付きのお店に連れて行ってくれるはずです!

 

2) ドラゴンズバックでハイキングを満喫

アジア随一の国際都市としての知名度のほかに、実は数々の名ハイキングコースがあることで世界的にも有名な香港。

MTR (香港の地下鉄)やバスに乗って一時間も足を延ばせば、都市部よりもきれいな空気と広大な自然に巡り合えます。

日本ではほとんどハイキングなんてしなかった私も、香港に来てからはすっかりハイキングにはまってしまいました。

普段の人口密度の高い環境から解放されるのがとっても気持ちいいんですよね。

Photo by Lonely Planet

 

一番有名なハイキングコースはドラゴンズバック(龍の背中)と呼ばれるこちらのハイキングコース!

所要時間は3~4時間とあるものの、初心者向けのごく簡単なコースで、急な山道は開始直後のごく一部のみとなっています。

Photo by Lonely Planet

その名の通り龍の背骨の様なうねうねとした軽いアップダウンのある道から見下ろせるのはすぐそばにある海!ハイキングコースの終わりにはビーチでビールを、なんてご褒美付きです。

 

ドラゴンズバックについての香港政府観光局のホームページで詳細をチェックしてみてください。

セントラルからはMTRとバスで行くことができます。

 

3) 都会から離れた島まで足を伸ばしてリフレッシュ

香港にはメインの九龍半島と香港島以外にもなんと260以上の島々があるんです!

それぞれの島には、香港の中心部とは全く異なった雰囲気があり、香港の違った側面を楽しむことができます。

中でも有名な島をいくつかご紹介します。

 

「ランタオ島」は香港最大の島であり、香港国際空港やディズニーランドが位置するのもこの場所です。

Photo by Disfrutahongkong

なんといっても有名なのは大仏様!

こんな自然豊かな山々の中にひっそりとたたずむ大仏様は、一度訪れておきたいスポットです。

大仏様のふもとまではハイキング、バス、そしてケーブルカーで行くことができます。

 

ケーブルカーゴンピン360のホームページでアクセス方法などチェックしてくださいね。

 

大仏の周りには美しい中国式のテンプルがあったり、御土産屋さんやレストランが軒を連ねる通りもあったりと、観光とグルメ・ショッピングすべてが楽しめます。

さらに、島にはTaiO(タイ・オー)と呼ばれる漁村もあり、香港の昔ながらののどかな雰囲気を感じることができます。海の上で生活する人の住居やボートが立ち並ぶ風景は美しく、東洋のベネチアとも呼ばれているそうです。

海の上に生活しているそしてその村からは、なんとピンクドルフィンを見に行くツアーも出ています!運よくロマンチックなピンク色のイルカさんに出会えれば、日頃の疲れを癒せること間違いなしです。

ほかにも美しいビーチやサイクリング、それから島のグルメ食べ歩きも楽しめる長洲島、ハイキングや海鮮レストランでの食事が楽しめるラマ島などが有名です。

セントラルや尖沙咀から出ているフェリーで行くことができ、フェリーの料金も日本円で600円程度、所要時間も40~1時間程とお手軽なのでぜひ!

 

4) ディズニーランドでキャラクターたちに疲れを癒してもらう 

テーマパークは友達と遊びたいときはもちろん、家族連れ、そしてデートの定番ですよね。

Photo by Urepia

香港にディズニーランドがある、というのはご存知の方も多いのでは?

世界一小さいディズニーランドと称され香港ディズニー。東京ディズニーランドと比べると、比較的すいている日も多いようです。

そんな香港ディズニーランドの魅力はアトラクションの待ち時間が短いこと!人気アトラクションでもほとんど待たずに乗れてしまいます。駆け足で行けば一日にすべてのアトラクションを回ることも可能かも?!

Photo by HKpost

またグリーティングのサービスも充実しています!園内のあちこちにキャラクターがいて、頼めば何回でも写真を撮ってくれたり、いろいろなポーズを取ってくれたりするそうです。

 

でもディズニーランドなんてそんなに気軽にはいけないよという方もいらっしゃるかもしれませんね。私もそう思っていました。

ところが、香港ディズニーは年間パスポートが本当にお得なんです!

なんと、二回ほど行けば元を取れるというお値段設定。

この年間パスポートを手に入れれば、気が向いたときにふらっとディズニーランドに行けます。なんとも贅沢ですね

 

5) 香港随一のナイトスポットランカイフォンで終わらない夜を

週末の夜には、バーやクラブでお酒を片手にスポーツを観戦したり、バンドやDJの音楽を楽しんだり、仲の良い友人と一晩中語り明かしたり、踊りあかしたり、といった欧米風のナイトライフを楽しみたい人におすすめなのが、香港随一のナイトスポット、ランカイフォンLan Kwai Fong 蘭桂坊。

ランカイフォンはセントラル中環にある通りの名前で、この通りを中心としたエリアにバーやクラブが密集しています。

Photo by The Culture Trip

とにかくお酒やクラビングが大好きな人が集まるここは、特に欧米から来る人たちに人気のエリア。町並みもどことなくヨーロッパやアメリカの様な、不思議な雰囲気です。

 

このスポットは、そんなナイトライフを満喫できることはもちろん、素敵なレストランが集うことでも通名です。

80ものレストランやバーが小さなL字型の路地に集中しています。

香港のセントラルエリアで働くビジネスマンにも人気なこのエリアは、金曜日と土曜日の夜にもっとも盛り上がります。

特におすすめな時間帯はだいたい17:00から21:00ごろのHappy Hour タイム。この時間帯にバーやレストランに行くと、ビール半額!などそれぞれプロモーションを用意していて、お得!

エリア全体としては20時ごろから一層にぎわい始め、そのまま明け方まで楽しんでいる人もたくさんいます。

 

ダンス、生歌ライブ、葉巻が楽しめるお店・・・など本当に数えきれないほどたくさんのいろいろな種類のバーがありますので、ぜひご自分のお気に入り、行きつけのお店を見つけてください!

私のおすすめのお店は Graffiti LKF というオーソドックスなスタイルのバー・クラブ。リーズナブルなお値段で、お酒とバンドの生演奏やDJが楽しめます。

Photo by Easy Tour China

 

6) セントラル~上環でぶらり街歩き

香港の町並みは、オフィスビルが立ち並ぶすぐそばの脇に屋台のおじさんがいたり、ヨーロッパ風のおしゃれなカフェと香港スタイルの茶餐廳(カフェとレストランを一緒にしたようなスタイル)が隣り合っていたりと、アジアとヨーロッパの雰囲気、伝統と新しいものが入り混じる本当に不思議な空間でとっても魅力的。

治安もとってもいいので、ぶらぶら街歩きをするにもってこいの所だと思います。

 

そんな魅力が詰まったおすすめのスポットが中環~上環のエリア。上り坂や階段が多いエリアで、大きな道路にはトラムも走っています。

このエリアには流行が集まる街として、最新のカフェや雑貨屋など、個性的なお店がたくさんあります。

Photo by Good Life Good Times

こんな風に壁に書かれたアートが街の至る所にあって、自分のお気に入りのアートを探すのもとっておきの休日の過ごし方になります。

そして骨董品を眺めるだけでも楽しいハリウッドロード、世界各国からの美食レストランが集まるSOHO、ちょっと怪しげな?雑貨を見るのが楽しいCat streetなど、とっても個性的な通り、エリアが密集しているのもこの地区なのです。

中でもおすすめなスポットは中環と上環の中間ぐらいにある、PMQ(元創方)と呼ばれている建物。もともと警察宿舎として使われていたこの建物は、今は香港の個性的なデザイナーやクリエイター、オーナーたちの集まるトレンディスポットとして生まれ変わりました。

 

ここに行けば他では手に入らないお気に入りの雑貨や、とっておきのカフェなどに出会えるはずです!

 

7) スタンレーでリゾート気分を味わおう

スタンレーは、中環からバスで3~40分ほどで行ける、香港最南端の海沿いにあるリゾートスポット。マーケットがあることでも知られる観光地ですが、女人街や男人街などほかのマーケットに比べて人が少なく、落ち着いた雰囲気です。

Photo by EarthTory

欧米らしい雰囲気満点で、ビーチ沿いのお店はお昼からビールを楽しむ人たちでにぎわっています。

Photo by HongKongTourismBoard

でも香港でとっておきのビーチを探すなら、スタンレーからバスで20分ほどのところにあるレパレスベイまで足を延ばしてもいいかもしれません。

こちらは映画「慕情」にも登場する美しいビーチです。こちらの近くにもショッピングモールなどありますので、食事やショッピングを楽しむこともできます。

Photo by Youtube

ここでのんびりと日光浴をするだけで、日頃の疲れが吹き飛んでいくのは間違いありません。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

世界中からたくさんの人が集まる香港。休日の過ごし方も人それぞれ。

ご自分に合った過ごし方で休日を満喫して、また月曜日からお仕事をするエネルギーをチャージしていただけたらと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメ!

  • アジア各国の働く環境や生活環境をもっと詳しく知りたいなら…

アジア各国の就職ガイドを見る