初めてのジャカルタ(インドネシア)での就職。私はこれぐらいの英語レベルで行きました

  • CareerWith インドネシア編集部CareerWith インドネシア編集部

海外で就職を考える時に、気になるのは自分の英語(語学)レベル。

今の自分のレベルで行っても大丈夫なのか、どれぐらいまで英語レベルを上げて行った方がいいのか……。

そこで、この記事ではジャカルタ(インドネシア)での就職や仕事を検討している方に向けて、実際にジャカルタで働いた方が最初はどれぐらいの英語レベルで行ったのか、どういうことに困ったのか、あるいは現地で使われる英語の特徴などをお伝えします。

ジャカルタ(インドネシア)に行く際にどのぐらいの英語レベルで行ったのか

ジャカルタ(インドネシア)のイメージ画像

私がジャカルタでの就職が決まり、実際に移住をした際の英語レベルは、ある程度は高いレベルに達していたと思います。

かつて英語教室に通っていた経験がありますので、英語での日常会話についてはほぼ話せるようになっていました。
ネイティブレベルのスピードにも、ある程度はついていくことができていました。

インドネシアに行く直前に受けたTOEICの点数は800点ほどだったので、この結果も自信につながっていました。
また、英検などTOEIC以外の外国語関連の資格も複数保有していましたので、インドネシアで働く際の準備としては万全であったように思っていました。

現地・インドネシアでの英語でのコミュニケーションで困ったこと

ジャカルタ(インドネシア)のイメージ画像

英語を話す能力については高いレベルにあったと自覚していたので、現地でも十分にコミュニケーションが取れると思っていました。

しかし、予期せぬ問題がありました。
私が話す英語はインドネシアの人にはしっかりと通じていたのですが、インドネシアの人が話す英語の意味がところどころ不明でした。

イントネーションの問題もあったと思うのですが、アメリカ人が使うような英語とは少し違うタイプのものでしたので、業務においてはとても困りました。

ジャカルタ(インドネシア)の英語で特徴的だったこと

ジャカルタ(インドネシア)のイメージ画像

私がインドネシア人が話す英語で一番特徴的だと思ったのが、ローマ字読みです。

会話の中で、ところどころローマ字読みをするようなインドネシア人が見受けられたので、こちらとしては大変でした。

英語をローマ字読みしてしまった場合、本来の英語の意味とはかけ離れた解釈ができてしまうこともあるので、一緒に業務を遂行するコミュニケーションの面では苦労が多かったです。

英語とローマ字読みを組み合わた内容を翻訳するのはなかなか大変でした。

英語レベルはジャカルタ(インドネシア)に行ってどのぐらいスキルアップしたか

ジャカルタ(インドネシア)のイメージ画像

私の場合、元々の英語レベルがそれほど低くはなかったので、現地に行っても、自分が話す英語のレベルそのものはあまり変わらなかったかもしれません。

ただ、スキルアップができたことと言えば、翻訳の力です。

インドネシアで業務を行うにあたっては、スムーズな会話が必要になります。
ところが、当初の私はインドネシア人が話す英語の意味がよくわからなかったので、苦労が多かったです。

しかし、時が経つに従って、段々とインドネシア人の言葉を読み取って解釈することができるようになっていけたので、やや違和感のある英語を翻訳するスキルと言うものは大きく向上したと思っています。

また、英語を表現する点に関してのレベルアップもできたのではないかと思います。

現地では、ジェスチャーによるやり取りも多く行われていましたので、英語の意味を体の一部を使って適切に表現する力は、着実に身についていったと思っています。
相手からのジェスチャーの意味も理解できるようになりました。

これからジャカルタ(インドネシア)での就職を検討している人に向けて、英語に関するアドバイス

ジャカルタ(インドネシア)のイメージ画像

インドネシアで就職をするにあたっては、英語を話す力は必要な要素であることは事実です。
そのため、日常会話レベルの英語力は前もって身につけておいた方がいいでしょう。

しかし、押さえておくべき点は、インドネシア人が話す英語はとても特徴的であるということです。
通常の英語を話してくれる人もいますが、英語とローマ字読みを交ぜたような話し方をしてくるインドネシア人が多くいるため、最初は苦労することもあると思います。

逆に言えば、リスニングについては専門的なレベルに高める必要はないと思います。
現地では独特な英語で話しかけてくる人が多いので、通常のリスニングを勉強しておいてもあまり意味がないということです。

そのため、現地で生活をする中で慣れていけば問題ないと思います。

ただし、インドネシア人の話し方に慣れるには、一定の時間が必要になりますので、なるべく早く理解することができることに力を入れるのがいいでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
海外で働く上で仕事の選択肢を広げることができる英語力。
海外就職活動を始めるにあたっては、まずはご自身の英語力を正確に把握することが必要となります。
もしご自身の英語力が正確に分からないという方は、海外就職を始める前にでご自身の英語力(スピーキング力)を世界基準で無料測定してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメ!

  • 海外就職に必要なステップを知って海外就職を成功させよう!

海外就職成功のための6つのステップ