クアラルンプール(マレーシア)で就職・仕事をして本当によかったと感じる点

  • CareerWith マレーシア編集部CareerWith マレーシア編集部

クアラルンプール(マレーシア)での就職・仕事を考えている方のために、現地で実際に働いた経験者が語るコラム。

今回は、クアラルンプール(マレーシア)で働いて本当によかったと感じる点について、実際にクアラルンプールで働いた経験をもとにお伝えいたします。

クアラルンプール(マレーシア)でどのような仕事をしていたのか

マレーシア(クアラルンプール)のイメージ画像

夫は、マレーシアにある日系企業の現地採用として働いていました。

その企業は製造業で、従業員は現地のマレー人と中国人がほとんどでしたが、いろいろな製品を作っており、その取引相手の多くが日本企業でした。
そのため、取引相手と話をしなくてはいけないセールスをわたしの夫が担当していました。

日本の企業だけではなく現地の会社や欧米の会社にもどんどん進出をしていきたいという会社の意向もありましたが、夫は英語力があまりなかったため、英語を駆使した営業活動を苦手とし、かなりの不安を持っていました。

しかし現地のマレー人セールスと二人のペアで営業活動を始めることによって、それぞれの得意分野などを生かし、営業の範囲をどんどん広げていくことができたようです。

クアラルンプール(マレーシア)で働いて本当によかったと感じる点
その1 マレーシア人の温かさに触れられた

マレーシア(クアラルンプール)のイメージ画像

現地の生活に溶け込むことができたことです。

クアラルンプールでは、日本人が多く住んでいる場所というのが決まっています。
その地域が治安的にも環境的にも便利だということで、通っている会社が遠くても、会社が住むところを指定したり借り上げたりしてその地域に居住させることが多いのです。

しかし、夫の会社は住居に関する指定が何もなく、その代わりに家賃補助もありませんでした。
そのため、住むところを自分たちで自由に決めることができたのです。

私たちが選んだ場所は、会社に近く、ローカル色の強いところ。
周りには日本人は誰一人いません。

はじめは不安を覚えましたが、慣れるにしたがって、現地の人に溶け込んだ生活をすることができるようになりました。
そうした生活を送ると、現地の人たちの優しさが身に染みました。
色々と助けてくれるし、心配をして声をかけてくれるのです。

そのような人情、マレーシア人の温かさに触れることができたのが一番良かった点だと感じています。

クアラルンプール(マレーシア)で働いて本当によかったと感じる点
その2 現地の友達が増えた

マレーシア(クアラルンプール)のイメージ画像

現地に溶け込んだ生活をすることで現地の友達が増えたことも、良かったと感じる点です。

夫は、職場関係で友人ができます。
妻(私)は、住んでいるコミュニティで人間関係ができます。
子供たちも、公園や学校で友人関係が広がりますよね。

せっかくマレーシアに来たのだから、日本人のコミュニティに属するよりはマレーシアをとことん楽しもうと思っていたので、現地の友達ができたことはとてもよかったです。

現地の友達ができて良かったと思うことの一つに、生活に密着した情報をより得ることができることもありました。

自分の欲しい物がどこにあるのか?
具合が悪い時にどの薬を飲んだらいいのか?
そのようなことは、やはり現地の人の方がよく知っていますよね。

インターネットで得られる情報にも限界があります。
そのために現地の友達からいろいろな情報をもらい、それが生活の手助けになったことは言うまでもありません。

いつも困った時に助けてくれたのは、現地の友人でしたね。

クアラルンプール(マレーシア)で働いて本当によかったと感じる点
その3

マレーシア(クアラルンプール)のイメージ画像

三つ目は、住むところにプールがついていたこと。
これがクアラルンプールで生活するにあたって本当によかったことでした。

住んでいるところはコンドミニアムだったので、プールが共有スペースにありました。
マレーシアって住居にプールがついているところがけっこう多いんです。
アパートや集合住宅の中にもありますし、高級住宅街の一軒家にもプールが標準設備として備え付けられているところもあります。
暑い国ですから、自然とそのような設備になるのかもしれません。

このプールがすごく良かったです。
なんといっても日ごろのストレス解消、そして運動不足の解消、暑いときのクールダウンにもなります。
子どももこのプールがついているお陰で、習いに行かなくても、自然に泳げるようになりました。

現地の人は直射日光による肌への刺激を怖がるので、プールを使用できる時間が夜10時まで(コンドミニアムの場合)と長かったのもよかったです。
そのおかげで、仕事が早く終わった時などにも積極的にプールに入ることもできました。

これからクアラルンプール(マレーシア)での就職を検討している人に向けてのアドバイス

クアラルンプール(マレーシア)のイメージ画像

住んでいる人の中には、暑いのが嫌だという人もいます。
ただ、発想を変えれば、プールで積極的にストレス解消したり健康のために過ごしたりすることもできますよね。

また、日本人が多いところがいいという人もいますが、日本人が多いところが逆にストレスになることもあります。
せっかく現地に来たのだから、現地の人たちに交じって生活するのもいいかもしれませんよ。

どこに行っても住めば都です。
でも都にするためには、やはり自分の発想を変えたり、多少の努力も必要です。

マレーシアで楽しく過ごすためには、やはり日本とは全く違った国であることをまず前提にし、日本人だからという発想をやめて、現地人の視点に合わせたもののとらえ方をすると、より良い生活を送れるんじゃないかと思います。

ぜひ頑張ってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外就職・転職ならCareerWithにお任せ!

  • CareerWithなら
  • ・アジア9ヶ国200案件の求人
  • ・経験豊富なアドバイザーが国選びからサポート
  • ・世界基準の英語力測定が無料

今すぐ登録(無料)する