マレーシアの日本人学校まとめ

  • CareerWith マレーシア編集部CareerWith マレーシア編集部

海外に子どもを連れて行く場合、必ず検討するものの一つが「教育」ですよね。

ある程度日本人の人口がある国では、文部科学大臣が認定している日本人学校が存在します。

子連れでの海外就職を検討している方向けに、マレーシアの日本人学校情報をまとめました。

マレーシアにある日本人学校の学校情報

「日本人学校」とは、国外に住む日本人子女を対象に日本国内の小・中学校と同等の教育を行う機関で、日本での通常課程とされる平日の毎日6時間程度の授業を行う、文部科学大臣が認定した学校を指します。

言語だけでなく、道徳面でも日本的な教育が行われているため、「日本人学校」は何年後かに日本に帰る駐在員の子女が通うことが多いです。

マレーシアには日本人学校が4校あります。

クアラルンプール日本人学校

・指導学年の範囲:
幼稚部、小学部、中学部

・設置者、認定年月日:
クアラルンプール日本人会により設置、平成4年12月18日に認定

・在籍数(記事公開時):
幼稚部103名、小学部551名、中学部166名の820名

・校訓や特色など:
「たくましい身体を作ること、豊かな心を育成すること、知性と国際性を身に着けること」

コタキナバル日本人学校

・指導学年の範囲:
小学部、中学部

・設置者、認定年月日:
コタキナバル日本人会により設置、平成4年12月18日に認定

・在籍数(記事公開時):
人数不明、小規模校

・校訓や特色など:
「自ら学び 心豊かな子どもの育成」
少人数のよさを生かし,一人一人に合わせた教育活動を推進している日本人学校です。

ジョホール日本人学校

・指導学年の範囲:
小学部、中学部

・設置者、認定年月日:
ジョホール日本人学校運営委員会により設置、平成9年12月26日に認定

・在籍数(記事公開時):
小学部67名、中学部26名の93名

・校訓や特色など:
自ら考え行動すること、解決する力を身に着けること

ペナン日本人学校

・指導学年の範囲:
小学部、中学部

・設置者、認定年月日:
ペナン日本人会により設置、平成4年3月26日に認定

・在籍数(記事公開時):
小学部124名、中学部32名の計156名

・校訓や特色など:
健康な心身の育成、また現地事情に対する知識を深めマレーシアとの友好関係をはかること

マレーシアにある日本人向け補習校(補習授業校)の学校情報

日本人学校に通うのが難しい場合、補習校を利用する方法もあります。

「補習校(補習授業校)」とは、日本人学校が近くにない場合などなんらかの事情でローカルの学校に通う日本人子女が、再び日本国内の学校に編入した際にスムーズに適応できるよう、基幹教科の基礎的基本的知識・技能および日本の学校文化を日本語によって学習する教育施設です。

マレーシアにはクアラルンプールに「クアラルンプール補習授業校」があります。

クアラルンプール補習授業校

住所:
16.1 Menara 1 Mont kiara ,Premier Suite 16/1 .Jalan Mont kiara 50480 Kuala Lumpur (JCM アガペ日本語教会)

特色:
日本の教科書を使い個人の能力に合わせた指導を心掛け、丁寧な指導が行われています。

マレーシアの日本人向け教育事情

クアラルンプールにある日本人学校は、サウジャナというクアラルンプールでもやや南に位置したところにあります。

周辺は日本人が多く住む地域ではあるのですが、モントキアラというやや北に位置したところにも日本人が多く、日本人向けの塾がたくさんあります。

マレーシアには日本人学校だけでなく、インターナショナルスクールも多く、その水準は学校により様々です。インターナショナルスクールを検討する際は教育水準やどの国籍の生徒が多いのかなど参考にされると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメ!

  • クアラルンプール(マレーシア)の働く環境や生活環境をもっと詳しく知りたいなら…

クアラルンプール(マレーシア)の就職ガイドを見る