初めてのマニラ(フィリピン)での就職。私はこれぐらいの英語レベルで行きました

  • CareerWith フィリピン編集部CareerWith フィリピン編集部

海外で就職を考える時に、気になるのは自分の英語(語学)レベル。

今の自分のレベルで行っても大丈夫なのか、どれぐらいまで英語レベルを上げて行った方がいいのか……。

そこで、この記事ではマニラ(フィリピン)での就職や仕事を検討している方に向けて、実際にマニラで働いた方が最初はどれぐらいの英語レベルで行ったのか、どういうことに困ったのか、あるいは現地で使われる英語の特徴などをお伝えします。

マニラ(フィリピン)に行く際にどのぐらいの英語レベルで行ったのか

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

私が就職をする目的でマニラに行った時の英語レベルは、大したものではなかったと思います。

TOEICについては700点でしたので、高得点の部類には入ると思いますが、話すことが少し苦手でした。
どうしても話すスピードがゆっくりになってしまう癖がありましたので、果たして話が通じるのかどうか不安な面もありました。

その反面、リーディング能力はとても高かったと思います。
英語で書いてある新聞も読むことができるレベルに達していましたので、英語で記載がなされている文章を正しく理解するということに関しては、自信がありました。

念のため、英語を話せる友人に私の話し方を聞いてもらいましたが、一応理解はできるというものでした。
そのため、最初は大変なことも多いとは思いますが、そのうち慣れていくだろうと楽観視していました。

マニラ(フィリピン)での英語でのコミュニケーションで困ったこと

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

晴れて現地で働くこととなりましたが、マニラの方々とコミュニケーションを取るのはやはり大変なものでした。

当初懸念していたように、私の遅い話し方が問題でした。
発音を適切なものにすることで、何とか理解はしてもらっていたのですが、業務中は迅速な連絡の取り方が重要になってきますので、私の話し方は現地の方からも注意されてしまいました。

ただ、話すスピードが遅くても発音が合っていれば意味は通じるのだと分かったことはよかったです。

マニラ(フィリピン)の英語で特徴的だったこと

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

予想はしていましたが、マニラの方が話す英語は特徴的なものでした。
日本で習っていた英語とは少し違い、発音が予期せぬところで上がったり下がったりしますので、理解するのは大変でした。

特に英語の場合、発音が少し変わっただけで全く別の意味になってしまうこともありますので、そのこともあって苦労しました。

マニラでは現地の方同士はタガログ語で話されていますので、その言語の影響が英語にも出てしまっているということなのだと思いました。

英語レベルはマニラ(フィリピン)に行ってどのぐらいスキルアップしたか

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

日本で空いた時間に習う程度の英語力では、実力としてはまだ足りなかったと思います。
しかし、マニラへ行ってからは、英語を使って仕事をすることが日常となっていましたので、大幅にスキルアップすることができたと思います。

話すことに関しては、外国人とスムーズに会話ができるくらいのレベルまで引き上げることができました。
話す時のスピードが課題だったのですが、毎日のように英語を話して生活をする日々でしたので、とてもスピードアップをすることができたと感じています。

また、聞くことに関しても、マニラの方々が話す英語をほとんど完璧に理解できるほど、レベルアップができました。
英語で文字を書くことについては、業務上でも長きにわたって経験してきましたので、手紙を短時間で作成できるくらいまでにはなりました。

マニラに行って、予想していた以上に自分の英語レベルが上がってよかったです。

これからマニラ(フィリピン)での就職を検討している人に向けて、英語に関するアドバイス

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

マニラで生活をするにあたって、英語力は必要不可欠な要素になります。
しかし、移住したときに高いレベルにはなくとも、発音が正しければ十分に意味は通じると思います。
私もマニラで生活をする中で、発音が一番大切なのだと痛感しました。

そのため、外国人のようにスラスラと英語を話せないという方も、発音に注意して発言をすれば、理解してもらえることが多いです。

マニラに住む方々も訛りが入った英語を使いますが、注意深く聞いていれば決して理解できないほどではありません。
前後の文脈から意味がおかしいと思った場合は、繰り返し発言してもらうようにお願いすることも一つの手段だと思います。

また、マニラに住む方々の中にも、正しい発音やアクセントで話せる方は多くいますので、臆することなく積極的に英語でコミュニケ―ションを取っていくのがいいと思います。

よくないことは、海外で働くことに臆してしまい、萎縮して無口になることです。
ポジティブな考えで行動することが大切です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
海外で働く上で仕事の選択肢を広げることができる英語力。
海外就職活動を始めるにあたっては、まずはご自身の英語力を正確に把握することが必要となります。
もしご自身の英語力が正確に分からないという方は、海外就職を始める前にでご自身の英語力(スピーキング力)を世界基準で無料測定してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメ!

  • 海外就職に必要なステップを知って海外就職を成功させよう!

海外就職成功のための6つのステップ