マニラ(フィリピン)で就職して働く時に気をつけたい「生活の出費」の考え方

  • CareerWith フィリピン編集部CareerWith フィリピン編集部

海外で住みながら働く時には、単純な給与の金額だけではなく、その現地で住んで暮らすためにかかる生活の出費・コストもあわせて考えなければいけませんよね。

生活面でかかるお金によって、給与が高くてもコストも高くてお金が貯まらない場合もあれば、日本よりも低い給与でもずっと貯金ができる場合もあります。

そこで今回はマニラ(フィリピン)での就職や仕事を考えている方に向けて、現地での「生活の出費」について、実際にマニラで働いた経験をもとにお伝えいたします。

マニラで広報・PRの仕事に携わる

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

私は、マニラ広報の仕事をしていました。

具体的には、医療機器のメーカーの商品がいかに魅力的なものなのかを広くPRする仕事です。

人々からその医療機器を素晴らしいと思ってもらうためには、広告のデザインから工夫をしていかなければいけません。
そのため、背景や文字を工夫して、画期的な商品だと思ってもらえるように最大限の努力をしていました。

広告を作成するためには、専用のアプリケーションソフトを使ってパソコン上で作業する必要があります。
そのため、ある程度パソコンを使いこなせるようなスキルが必要でした。

私の場合は専門学校で勉強していたので、その点はそれほど難しくは感じませんでした。

マニラ(フィリピン)でもらっていた給与額

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

マニラで働いていた時の給与額は、日本で働いていた時と比べると低かったです。

マニラの会社から初めて給料をもらった時は少し驚いてしまいましたが、給与額について事前に確認をしていなかった自分も甘かったかもしれません。

また、賞与も一応はいただいていましたが、それほど大きな額ではありませんでした。

ただ、現地の物価やフィリピン人の給料を考えれば、妥当な金額だったとは思います。

マニラ(フィリピン)でかかる生活コスト

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

マニラでは長い間滞在していましたが、月々の生活コストは日本よりもだいぶ安かったです。

具体的に言うと、まず家賃については、5万円ほどでした。
なるべく安い物件を探したかったのですが、あまりに安いと住宅環境のレベルもかなり低いくなるので、快適に生活をすることを考えるとこのぐらいの家賃のところに落ち着きました。

食費は、あまり自炊をしないで外食ばかりをしていたこともあり、3万円ほどかかってしまっていました。
私の場合、海外で働くということで神経を使っていたので、自炊をするところまで気が回らなかったところがあります。
ただ、ここはもっと節約できるところかと思います。

水道光熱費については、トータルで1万円ほどでした。
電気代などは日本と同程度の金額でしたが、水道代が1000円もかからなかったので、その点は非常に助かりました。

交際費については、あまり娯楽に関心がなかったこともあり、5000円程度で済んでいました。
マッサージ店などは、日本と比べると半分ほどの値段で利用できる店もありましたよ。

マニラ(フィリピン)での「給与額-生活の出費」は日本と比較してどうだったか

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

マニラでの給与額から生活の出費を差し引いた額は、日本と比べるとやや少なかったです。

マニラに移住してからは、貯金こそできたものの、そこまで大きな額ではありませんでした。
特に私の場合は、上で書いた通り、家賃や食費にコストがかかってしまったことが痛かったと思います。

私はお金を稼ぐというよりも、経験を積むためにマニラに来ていると考えていましたが、貯金を考えるのであれば、家賃や食費をもっと減らす必要があるかと思います。

これからマニラ(フィリピン)で就職を検討している人に向けて、現地での出費に関するアドバイス

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

マニラでは、予想していた以上に出費がかさむことになるかもしれません。
特にマニラで働き始めたばかりの頃は、仕事を覚えるのに精いっぱいで、節約することにまで気が回らない可能性があります。

そのため、ある程度のお金の蓄えはしていった方がいいでしょう。

ただ、市場に売っている食べ物は安いですし、住む環境にこだわらなければ家賃もあまりかかりませんので、工夫次第ではしっかりと貯金ができると思います。

例えば、外食を控えて自炊をするようにするだけで、生活費にかかるコストは大幅に削減できます。
自炊をするには水をたくさん使わなければなりませんが、マニラでは水道代が安いので、そこにかけるコストをあまり考慮しなくていいことは非常にメリットです。

そのため、そのメリットを加味すれば日本より気楽に生活することもできると思います。
また、現地では節約して上手に生活をしている人々もたくさんいますので、その人々から知恵をもらうのもいいのではないでしょうか。

ぜひ工夫をして、マニラでの仕事と生活を楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメ!

  • マニラ(フィリピン)の働く環境や生活環境をもっと詳しく知りたいなら…

マニラ(フィリピン)の就職ガイドを見る