マニラ(フィリピン)で就職・仕事をして本当によかったと感じる点

  • CareerWith フィリピン編集部CareerWith フィリピン編集部

マニラでの就職・仕事を考えている方のために、現地で実際に働いた経験者が語るコラム。

今回は、マニラで働いて本当によかったと感じる点について、実際にマニラで働いた経験をもとにお伝えいたします。

マニラでどのような仕事をしていたのか

マニラのイメージ画像

私は、マニラで食品メーカーの商品開発の仕事をしていました。

何もないところから魅力的な食品のアイデアを出していくのはそう簡単なことではありません。
そのため、同じ商品開発部のメンバーと知恵を出し合って協力するという姿勢が必要不可欠でした。

また、自分が良いと思ったアイデアを出すことができても、会議で採用されなければ意味がないため、アイデアを練り直さなければならないことは何度もありました。
そのため、根気強く物事に取り組んでいく精神も必要でした。

しかし、自分のアイデアが採用され、商品化が決定された時の喜びはすごいものがありました。
あまりの感動で泣いてしまったこともあるくらいですので、それだけ達成感も大きかったということだと思います。

マニラで働いて本当によかったと感じる点
その1 フィリピン人の温かさ

マニラのイメージ画像

私がマニラで働いてよかったと感じる点は、職場の人々とたくさんの思い出を作れたことです。

その当時は、食品メーカーの商品開発部で仕事をしていたため、多くのアイデアを出していくことに長けた優秀な人材がたくさんいました。
しかも、私と違って他のメンバーは長い間フィリピンで働いているので、フィリピン人に適した商品を開発するという能力が極めて高かったのです。

そのため、最初は彼らに思考についていくことができず、悩む日々が続いていました。
しかし、そんな私にアイデアを出していくためのノウハウを教えていくれたのは、他の商品開発部のメンバーだったのです。

彼らは、日本という国からきた私のことを歓迎していくれていたため、私に対しての協力も惜しみませんでした。
そのため、フィリピン人の温かさには何度も助けられました。

そんな彼らと、魅力的な商品を生み出すために一緒に仕事ができたことは、最高の思い出になりました。

マニラで働いて本当によかったと感じる点
その2 現地でできた友人たち

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

マニラで働いてよかったと感じた点の2つ目は、現地でたくさんの友人ができたことです。

私がマニラで生活をするにあたっての住居は、集合住宅のようなところでした。
そのため、他の部屋の人と顔をあわせる中で、次第に仲の良い関係性を構築することができるようになっていったのです。

職場の人と仲良くすることも非常に大切なことですが、職場以外の現地の人と良い関係性を築くことも、同じくらいに大切なことだと思っていました。
そのため、現地でできた友人との交流の機会はなるべくたくさん作るようにしました。

そのことによって、友人の輪がどんどん広がっていき、初めに予想していたよりもはるかに多い友人ができたのです。

たとえマニラの地を離れる時が来たとしても、今はどこでも連絡を取ることが可能な世の中なので、マニラでたくさんの仲間ができたことは私にとって非常に収穫になりました。
生活の中でお互いに支え合い、助け合える仲間は大切ですね。

マニラで働いて本当によかったと感じる点
その3 現地の会社の福利厚生

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

マニラの環境で働くことでよかったと感じた点の3つ目は、福利厚生です。

マニラで働くことにした理由は、新しい環境に身を置いて成長したいというチャレンジ精神からだったので、福利厚生に対しては特に高いレベルのものは求めていませんでした。

しかし、私が働いていた食品メーカーでは、働く人に対する待遇を充実させることをモットーとしていたため、何一つ不満のない待遇レベルだったと思います。

給料については、日本で働いていた時よりも多くもらうことができていましたし、年間の休みも120日を超えていたため、精神的にもゆとりを持って働くことができていました。
また、自分が所属する職場で活躍すれば、随時昇進の機会も与えられていたため、いつしかリーダーの立ち位置で活躍することができるようになっていたのです。

ここまで労働者を大切にする企業は珍しいと思いますので、素晴らしい企業を選択することができたと感じています。

これからマニラでの就職を検討している人に向けてのアドバイス

マニラ(フィリピン)のイメージ画像

マニラと日本では、環境においても違う点が多いため、戸惑うことは当然です。

しかし、マニラにおいても、経済面で充実している企業の環境というものは良い点が多いと思います。
そのため、躊躇することなく、積極的にチャレンジしてもらいたいと思います。

言葉の壁はありますが、人と人とが意思を伝え合う手段は言葉だけには限ったことではありません。
懸命に思いを伝えようとすれば、マニラの人も理解しようとする姿勢は見せてくれますし、海外で働くからこそ言語を覚えられるということもあると思います。

マニラで生活をする上での工夫は少し必要となりますが、海外で生活をしたことは自分にとっての大きな経験にもなるため、チャレンジする価値はあると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外就職・転職ならCareerWithにお任せ!

  • CareerWithなら
  • ・アジア9ヶ国200案件の求人
  • ・経験豊富なアドバイザーが国選びからサポート
  • ・世界基準の英語力測定が無料

今すぐ登録(無料)する