上海(中国)で就職して働く時に気をつけたい「生活の出費」の考え方

  • CareerWith 中国編集部CareerWith 中国編集部

海外で住みながら働く時には、単純な給与の金額だけではなく、その現地で住んで暮らすためにかかる生活の出費・コストもあわせて考えなければいけませんよね。

生活面でかかるお金によって、給与が高くてもコストも高くてお金が貯まらない場合もあれば、日本よりも低い給与でもずっと貯金ができる場合もあります。

そこで今回は上海(中国)での就職や仕事を考えている方に向けて、現地での「生活の出費」について、実際に上海で働いた経験をもとにお伝えいたします。

上海でラーニングソフトのベンチャーに就職

上海(中国)のイメージ画像

大学卒業後に、その大学から発足したベンチャー企業に就職しました。
その企業が重きを置いていたのは中国語ラーニングソフトの開発であり、自分は新参者であったのにもかかわらず上海拠点の開発チームへと移転させられたのです。

当時は海外勤務なんてやっていけるのかと不安でしかありませんでしたが、今思えば本当にありがたい経験をさせてもらえたなと感じています。

上海で中国人向けの日本語ラーニングソフトを開発するに当たって、そのサービスの提供ならびにコンサルティング業務にも精を出し、事業を順調に展開していきました。
現在でもその動きは継続しており、自分の後任の人が中心となってチームを動かしてくれています。

今は地元に戻っていますが、たまに時間ができたときは上海に訪れています。

上海(中国)でもらっていた給与額

上海(中国)のイメージ画像

給与面に関しては、日本とそれほど大きな違いはありませんでした。
勤務場所が違うだけで給与自体は本社から支給されていましたし、違うことと言えば日本の通貨か上海の通貨か、といったところくらいです。

一度気になって人民元と日本円を換算してみたことがあるのですが、ほぼ完全に同じで、誤差は数円ほどしかありませんでした。

もちろん上海と日本では生活費や税金の違いなどもありますが、個人的には、上海の方が風通しが良かった印象を持っています。

基本的に上海では、経験のない新入社員なら3,000~4,000元(約5万円〜7万円)からスタートすると聞きました。
どんなに優秀でも5,000元ほどで、日本がいかに恵まれているかを痛感しました。

自分の場合は日本の会社から来て、そのままその会社から給与支給されるのでよかったですが、すべて上海からスタートするとなると、日本にはない厳しさが待っていると思います。

上海(中国)でかかる生活コストは日本と比較してどうだったか

上海(中国)のイメージ画像

自分は当時、大学近くのマンション(アパート?)に住居を構えており、1ヶ月で3,000元(約5万円)の家賃設定になっていました。
水道代や電気代に関しては家賃に込みで、そう考えると割安だったのではないかと思っています。

意外だったのが、上海にはルームシェアをしている人が非常に多かったことです。
ルームシェアだと家賃が半分でOKになりますし、お金に余裕のない学生さんなどは数多く利用していました。

食費は、日本と比べてとても安かったです。
それでいて美味しくて、そこらへんの屋台でも絶品料理が味わえました。

自分は高価な食べ物よりも、屋台料理などの素俗な感じが大好きなので、天国でしたね。
蟹粉豆腐や清蒸鰣魚、貴妃鶏翅など、日本なら高いお金を出さないとなかなか食べられないものでも気軽に食べられたのは、本当に嬉しかったです。

日本に帰ってきて一番に感じたのは上海料理の恋しさでしたし、いつでも食べたいと思わせてくれる魅力がありましたよ。

上海(中国)での「給与額-生活の出費」は日本と比較してどうだったか

上海(中国)のイメージ画像

上海での生活を終えて今振り返ってみると、日本での生活に比べて非常に余裕があったなと感じています。

先に挙げたように給与面はほぼ変わらず、家賃や食費は日本より安く、交通費も安価でした。
これらの生活費を計算していくと、手元に残るお金は多くなりました。

レジャーランドにも何度か行きましたし、経済的に余裕が生まれた分、とても楽しく過ごすことができました。
上海での生活は一生の宝物ですね。

上海での交通費に関して、上海の特徴は地下鉄が非常に便利という点でした。
料金はというと、なんとたったの3元(約50円)!
初めて聞いたとき「大丈夫なの?」と疑ったくらいでした。

さらにタクシーも安く、14元(約240円)からスタートとなっており、これも日本と比べて本当に安かったですね。
上海では、地下鉄での移動で基本的には1ヶ月あたり5,000円程度に収めることが可能でした。

節約を考えるのであれば、上海での生活は是非ともオススメしたいですね。
それくらい良い環境でした。

これから上海(中国)で就職を検討している人に向けて、現地での出費に関するアドバイス

上海(中国)のイメージ画像

これから上海で就職、転職、留学などを考えている人は、日本との文化の違いを是非楽しんでいただければと思います。

アドバイスできる点があるとすれば、まずはインターネット代についてです。
自分が住んでいたマンションでは、1ヶ月のインターネット利用代が100元ほど(約1,700円)でした。
これも日本に比べれば格安なので、通信速度に目をつぶれば嬉しいポイントだと思います。

それから上海の建物内におけるトイレについて、基本的に上海では建物内にティッシュが用意されていません。
なので上海で初めて生活をする人は、ティッシュやそのほかの紙類を常備しておくことをオススメします。

最後に、衣類や雑貨に関して、これらは意外と値段が高く、上海なら何でも安いと思っているとちょっと驚いてしまうポイント。
どんな国でもファッション関係やアパレル関係は高価でした。
それでもまだ日本に比べればやや安く、質も良いので、安心してくださいね。

全体的に言えることは、上海は日本よりも出費が安く収まる!ということです。
日本で十分に生活できていた人であれば、特に大きな問題を抱えることなく生活を送れるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメ!

  • 上海(中国)の働く環境や生活環境をもっと詳しく知りたいなら…

上海(中国)の就職ガイドを見る