初めてのシンガポールでの就職。私はこれぐらいの英語レベルで行きました

  • CareerWith シンガポール編集部CareerWith シンガポール編集部

海外で就職を考える時に、気になるのは自分の英語(語学)レベル。

今の自分のレベルで行っても大丈夫なのか、どれぐらいまで英語レベルを上げて行った方がいいのか……。

そこで、この記事ではシンガポールでの就職や仕事を検討している方に向けて、実際にシンガポールで働いた方が最初はどれぐらいの英語レベルで行ったのか、どういうことに困ったのか、あるいは現地で使われる英語の特徴などをお伝えします。

シンガポールに行く際にどのぐらいの英語レベルで行ったのか

シンガポールのイメージ画像

私がシンガポールに渡航したとき、日常会話レベルの英語力は持っていたと思います。

事前に日本で英会話教室に通って勉強していたので、外国人の講師の方と話すのもある程度慣れていた部分はありました。
自分が思っていることを伝え、表現するという点に関しては自信がありました。

ただし、リスニングやスピーキングのレベルと、ライティングのレベルとには大きな差がありました。
私の場合、英会話教室で英語を話すことや聞くことのレベルを上げることはできたと思っていますが、英文でメールを作成する等の、ライティングに関してのレベルはあまり高くなかったです。

当時の私は、シンガポールで働くことを前もって想定していましたが、日常会話ができるレベルであれば十分仕事になるだろうと思っていました。
しかし、その考えは甘かったと反省しているので、もっと英語力が必要だったということだと思います。

現地・シンガポールでの英語でのコミュニケーションで困ったこと

シンガポールのイメージ画像

シンガポールの仕事現場で会話をしていて困ったことは、英語を上手く話せない人がいたということです。
英語が世界基準だと思っていたので、英語の勉強はしていましたが、シンガポール語についてはほとんど知識がありませんでした。

そのため、英語だけでコミュニケーションを取る際には相当に苦労しました。
また、私が使う英語を正しく理解してもらえなかったことも多くありましたので、私の話し方が適切でなかったのもあるのかもしれません。

シンガポールの英語で特徴的だったこと

シンガポールのイメージ画像

シンガポールの人たちが英語を話す際に特徴的だったのは、単語を省略していたことです。
一つの英単語を話す際にも、部分的に省略していたことがあるので、何を言っているのか理解できない時もありました。

ただ、発音は標準的な英会話と同じだったということと、ジェスチャーで表現してもらうことによって何とか理解することもできていました。

現場ではスムーズに連絡を取り合うことが必要不可欠ですので、当初は色々と大変でした。

英語レベルはシンガポールに行ってどのぐらいスキルアップしたか

シンガポールのイメージ画像

シンガポールに長い間滞在することによって、相手が言っていることを察するという能力は大幅に向上したと思っています。

シンガポールの人々が話す英語は独特なところがあるので、理解するのが困難な時もあります。
しかし、相手の表情や素振りによって何が言いたいのかを理解するよう努力することで、コミュニケーションを取れるようになっていきました。
そのため、リスニングの力と、(英語のスキルだけではない)洞察力は向上したと思います。

また、現地では仕事上の関係で、英文で文章を書く機会が多くありました。
当初は他の人の書き方を見習うようにしていましたが、それではスピードは遅いままなので、必死に勉強していました。

その結果、次第に英語でスムーズに文章を書けるようになっていきました。
日本にいた時よりもライティングの力は向上したと思いますので、私にとっては大きな収穫となりました。
総合的な英語力のスキルアップもできたと思います。

これからシンガポールでの就職を検討している人に向けて、英語に関するアドバイス

シンガポールのイメージ画像

英語を多少話せるのであれば、シンガポールでの仕事環境は十分に感じると思います。
そのため、個人的には、積極的に海外で活躍する人が増えてほしいと思ってます。

戸惑う点があるとすれば、シンガポール人が話す独特の英語です。
すべてのスペルを言わず、所々省いて話しかけてくることもありますので、初めは理解が難しいと思います。

そのため、話しかけられている自分自身も積極的にジェスチャーを使っていくことが大切だと思います。
相手が何を言おうとしているのかを察しようと努力することで、シンガポールの人々も伝えるための努力をしてくれます。

場合によってはリピートをお願いすることで、発言を繰り返してもらっても良いと思います。
仕事をしていく上では話が通じないのは大問題ですので、コミュニケーションを取るための辛抱強い努力が必要なのです。

また、シンガポールで働く人の中には標準とされる英語を話してくれる人も当然いますので、スムーズに会話が成り立つことも多いと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
海外で働く上で仕事の選択肢を広げることができる英語力。
海外就職活動を始めるにあたっては、まずはご自身の英語力を正確に把握することが必要となります。
もしご自身の英語力が正確に分からないという方は、海外就職を始める前にでご自身の英語力(スピーキング力)を世界基準で無料測定してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメ!

  • 海外就職に必要なステップを知って海外就職を成功させよう!

海外就職成功のための6つのステップ