シンガポールで就職・仕事をして本当によかったと感じる点

  • CareerWith シンガポール編集部CareerWith シンガポール編集部

シンガポールでの就職・仕事を考えている方のために、現地で実際に働いた経験者が語るコラム。

今回は、シンガポールで働いて本当によかったと感じる点について、実際にシンガポールで働いた経験をもとにお伝えいたします。

シンガポールでどのような仕事をしていたのか

シンガポールのイメージ画像

私は、日系の大手物流企業でリージョナルコーディネーターとして働いていました。

仕事の内容は、東南アジア各拠点との連絡取次ぎ、会議の日程確認や出張手配、会議の議事録など。
後に航空貨物部門へ異動になり、航空貨物のレポート作成及び未払い請求書の取りまとめ等をしていました。
また、バイリンガルスタッフとして、資料の和訳と英訳もしていました。

2年間勤務した後に日系の大手金融機関へ転職して、アジア投資銀行部の証券化チームにてシニアオフィサーとしてチームの秘書的業務から月次レポートの作成及び毎月の証券化案件のキャッシュフローを確認していました。

日本語の資料を英語に訳したりしながら、現地スタッフと日本人上司との間に立って、円滑なコミュニケーションを取っていました。

シンガポールで働いて本当によかったと感じる点
その1 多様性に触れられる

シンガポールのイメージ画像

海外就職先にシンガポールを選んだ理由のひとつに、この国の多様性が挙げられます。
マレー半島の先に位置する小さなシンガポールには中華系、マレー系、インド系、その他の人種が多種多様に生活しており、生活の至る所で彼らの文化に触れることができます。

小さな国土なのに多様性に溢れ、皆が安全に暮らしている国は世界的にみてもシンガポールくらいではないでしょうか。
訛りは強いですが英語も通じますし、街は東南アジアにしてはかなり清潔に保たれているため、現地に引っ越してもすぐに生活に慣れることができます。

そしてシンガポールでは各国の料理が堪能できるグルメな街でもあります。
特に最近では日本からの海外出店ブームも盛んでシンガポールに話題の店がたくさん出来ているので、ホームシックになることもないでしょう。

そしてシンガポール人は概ね親日が多く、日本人とわかると親しげに話しかけてくれたり、日本の文化について話してきたりとフレンドリーに接してくれるのも住みやすい理由の一つでした。

シンガポールで働いて本当によかったと感じる点
その2 一生モノの英語力

シンガポールのイメージ画像

シンガポールでは日系企業でしか勤務したことがありませんが、日系であるがためにより一層日本人らしさを求められます。

日本での勤務経験も重要な選考理由に入っています。
日本人や日系企業との電話でのやり取りや日本の独特な社風などは、日本で勤務経験がないと簡単に習得できるものではありません。

英語はもちろんのこと、ビジネス日本語も適切に使える日本人スタッフが重宝されます。
少ない年数ではありましたが、日本での就労経験を生かしてシンガポールの大手企業へステップアップできたのは、自分のキャリアにおいて良い経験でした。

学生時代に勉強した英語も、多少なりとも生かすことができました。
直属の上司は皆日本人でしたが、それでも現地スタッフ達とは英語でコミュニケーションをとる必要がありましたし、日英バイリンガルでの仕事はとても刺激的でした。

このおかげか、TOEICの成績を伸ばすことができました。
英文メールの書き方なども習得できましたし、シンガポール勤務で身につけた英語力は一生モノです。

シンガポールで働いて本当によかったと感じる点
その3 日本人スタッフとのつながり

シンガポールのイメージ画像

現在でこそシンガポールへ就職希望する日本人が増えてきましたが、私が当時就職していた2008年からの5年間はシンガポール就職はそれほど人気ではなく、求職している日本人も少なかったためか、日本にいたら就職は難しいであろう大手有名企業数社からもオファーをもらうことができました。

日本では働いていた時よりもずっと大手の金融機関へ就職した時には、社風の違いに驚かされましたが、給与面や待遇面が優れており、仕事への意欲も増しました。
週末には小旅行をしたり、外食や買い物をたくさんしましたが、意外にも貯金は貯まっていました。

シンガポールは年々物価が上昇していますが、物価上昇に合わせて給与を調整してもらえたのも大きかったと思います。
そして現地で同じく働いている日本人スタッフの方達とも親交を深めて、未だにお付き合いが続いています。

同じ環境で働いていた当時の同僚達にまた会いに行きたいと思うほど、大切な思い出になりました。

これからシンガポールでの就職を検討している人に向けてのアドバイス

シンガポールのイメージ画像

最近は滞在許可証の取得が厳しくなってきているようですが、自分が身につけたスキルと経験に自信を持って就職活動を続けていけば、必ず気に入った仕事が見つかると思います。

ただ、物価の上昇は著しく、家賃や生活費などはかなり出費がかさみます。
以前のように簡単にタクシーに乗ることもできませんので、生活費や交通費そして交際費全般を節約していかないと貯金は貯まっていかないと思います。

給与面はもちろんのこと、ボーナスや福利厚生のしっかりしている会社に就職することをおすすめします。
安い給与オファーを受けてしまうと、日本人マーケットは給与が低いままになってしまいます。

人口増加による通勤電車やバスの混雑など、生活は厳しくなってきてはいるものの、多様性に富んだシンガポールで世界中の人達と対等に働ける環境は素晴らしいですし、今後のキャリアアップに必ず役立ちますので、夢を諦めずにシンガポール就職を目指して頑張ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外就職・転職ならCareerWithにお任せ!

  • CareerWithなら
  • ・アジア9ヶ国200案件の求人
  • ・経験豊富なアドバイザーが国選びからサポート
  • ・世界基準の英語力測定が無料

今すぐ登録(無料)する