【シンガポール編】子供がいる人が海外で就職するために気をつけるポイント

  • CareerWith シンガポール編集部CareerWith シンガポール編集部

シンガポールでの子連れ就業体験談

こんにちは、私は現在シンガポールで働きながら子育てをしています。今回は、自身の体験を元に子育て中の方に向けたシンガポール移住の記事をお届けします。

近年、日本経済の雲行きも怪しくなり、海外就職を狙っている人も多いと思います。

私もそのうちの一人で、子育てをしながらのシンガポール移住を決断しました。

子どものことを考えると色々と不安があったのですが、自分のためにも海外移住と海外就職をして良かったなと今では思っています。

一方で、日本で育った自分にとっては、子供の時期にシンガポールでは学べないことと、日本でしか学べないことがあるというのも感じました。

もちろんシンガポールの教育は素晴らしいですが、日本の和の精神は、やはり海外にいながら当たり前に身につけることは難しいと感じます。

こういった日本人としての価値観は、日本人コミュニティなどを活用しながら、親である私たちが子供にしっかり教えるということに気をつければなりません。

シンガポールの子守り・通園・通学事情

さて、実際に住んでみる前に気になるのは基本的な子育て環境ではないでしょうか。

シンガポールは日本と比べて子育て世帯向けの施設・制度も充実しています。

日本で夫婦共働きの場合は何かと困ることが多いですが、シンガポールの場合はそういった問題が少ないのです。

例えば、日本と比べてベビーシッターやメイドさんを雇う人が多く、親は自分達の仕事に専念することができ、料金も日本と比べて安いです。

もちろん、日本のように保育園や幼稚園に子供を預けたいという方も、シンガポールには保育園や幼稚園も整っているので安心してください。

オフィス街にある保育園・幼稚園もあり、仕事の行き帰りに簡単に預けることが可能です。

少し大きくなると日本人学校へ就学させることもできます。

日本人学校ではクレメンティ校、チャンギ校という学校があり、小学生・中学生を合わせると2,000人近い日本人が生徒として学んでいます。

シンガポールでの子供の遊び場

シンガポールというと、高いビルに囲まれた狭い都会をイメージする方が多いですが、しっかりとその中に自然を堪能できる公園があります。

中には親子で散歩したくなるような小道がついた公園や、日本でも見慣れた遊具がたくさんある公園もあり、遊具などの色使いが日本と違ってカラフルで、親である私たちも楽しく過ごせます。

公園は子育てをする方が気軽に利用できて良いですね。

さらに、シンガポールには遊園地や動物園といった施設も充実しているので、週末には家族揃って遊びに出かけることも簡単です。

特にユニバーサルスタジオや、シンガポール動物園は人気ですね。

シンガポールで子供が受診できる病院

子育て中、万が一のことを考えて知っておきたいのが病院のことです。

自分自身が病気になったときはもちろんですが、子どもが病気になったとき慌てたくないですよね。

シンガポールには日系の病院が多くあり、やはり日系ということで安心して診療に行けます。

もちろん日本人ドクターがいるので、日本にいるのと同じ環境で対応してもらえます。

病院問題は子連れでの海外就職を考えている方にとって大きな問題でもありますが、日系の病院であれば英語が苦手な方でも気軽に行くことができるのではないでしょうか。

しかしながら急患の場合はやはり現地の大病院に行くことになり、シンガポールではだいたいの場合KKホスピタルという病院にかかります。こちらは政府系列で最大の病院です。

全体的に見ると医療機関も充実している上に、国土が狭いのでいざとなったときすぐに大きな病院に行けるのは安心かもしれません。

子連れでの海外就職を考えている方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたにオススメ!

  • シンガポールの働く環境や生活環境をもっと詳しく知りたいなら…

シンガポールの就職ガイドを見る