巷で話題の海外就職ってアリ?それともナシ?海外就職経験者による座談会(前編)

  • CareerWith編集部CareerWith編集部

「海外で就職をし、その後日本に戻った時にどんな仕事ができるのか、どうやってキャリアップしていくのか」・・・国の枠にとらわれず、実際に海外で働いてみると、もっと面白い仕事、自分を大きく成長させられる仕事ができる可能性があることに気づくはず。

先日、CareerWith編集部では海外での就労経験者にお集りいただき、「海外に挑戦した、その先にあるキャリア」をテーマに実施した座談会を実施しました。

その際にうかがったお話をまとめ、前編・後編の2本だてでレポートします。

前編では「”日本以外で働く”という志向が生まれたタイミングと、海外で働く”きっかけ”」や「海外で働くことを選んだとき、未来のキャリアをどうイメージしていたか」、「英語力について、渡航前と海外就職をしてからの変化」についてお届けします。

mini_all-member
(写真左から)弊社太田・高木さん・戸田さん・篠原さん

今回お話をうかがった3名

篠原さん(写真右):1998年同志社大学商学部卒業後、東証一部上場企業の金融機関へ入社。その後、ベネッセグループのBPO企業へ。同社の海外進出を機にフィリピンにおける拠点立上げに従事。その後、日本でFintech分野のベンチャー企業にジョインし、現在に至る。米国公認会計士(U.S.CPA)保有。

戸田さん(写真中央右):大学中退後、2006年に愛知県のSIerに入社し、自動車メーカーのシステム導入・運用を担当。その後、トヨタグループのタイIT子会社に現地採用で入社し、ITプロマネ等を担当。2014年同グループ内のベルギー子会社へ転籍し欧州サプライヤ向けのプロジェクトを担当した1年後、日系商社への転職を機に帰国。

高木さん(写真中央左):2011年慶應義塾大学卒業後、日系生命保険会社へ入社。2014年、1ヶ月のフィリピン留学を経て、シンガポールの人材紹介会社へ転職。2016年4月に帰国し、現在は外資系総合コンサルティングファームにて金融機関向けに人事領域のコンサルティング業務に従事。

スクールウィズ代表・太田(写真左):大学在学中に広告事業タダコピを創業。その後退職して2010年よりフィリピン留学を経て世界一周の旅へ。帰国後に「世界を舞台にする人があたりまえになる社会」を掲げて留学の口コミサイト“SchoolWith”を設立し、代表取締役として就任。海外就職サービスの“CareerWith”にも取り組む。作家としても活動し、著書多数。

「日本以外で働く」志向をもったタイミングと海外で働くことになった「きっかけ」

mini_ota-3
海外就職の話を興味深く聞くスクールウィズ代表の太田

「海外で働く」といっても、駐在員・現地採用・国際機関、海外インターンや起業など、様々な選択肢があります。

もちろんそれぞれに待遇や自由度が違うなどメリット・デメリットや、人によっての向き・不向きがあり、キャリアプランに合わせた選択肢として何が適切なのか考えたり、まずは海外に飛び出すためにどの選択肢を選べばチャンスを最大化できるのか考えられると良いですね。

まずは「日本以外で働く」志向をもったタイミングと、実際に海外で働くことになった「きっかけ」について、今回座談会でお話をうかがった3名のケースを参考としてご紹介します。

米国公認会計士資格をとったことが海外に目を向けるきっかけに(篠原さん)

「大学時代に所属していた公認会計士ゼミで一緒に学んでいた仲間が、30代になって税理士や会計士、大手メーカーの経営企画などそれぞれの分野で活躍していることに触発され、米国公認会計士資格をとったのが海外へ目をむけたきっかけでした。英語への関心も高まり、チャンスが回って来た時のために資格と語学の備えをしていたところ、前職の企業がフィリピンに進出することになり、現地法人立ち上げの責任者としてセブ島に駐在することになりました。」

国内での待遇向上に限界を感じ海外就職を決意(戸田さん)

「社会人1社目で英語が比較的得意なことから海外とのやりとりを担当することになり、経験を積んだ後に待遇改善の選択肢として海外就職を決意。豊田通商の在タイIT子会社にて現地採用されました。」

フィリピン留学を経て出会った海外就職という選択肢(高木さん)

「高校・大学と海外経験者の多い環境にいて、外への視点はもっていたものの、周りのレベルの高さに英語に対するコンプレックスがありました。社会に出て、はじめは海外に関わる仕事ではなかったのですが、関心は持ち続けていて・・・。そんな時にフィリピン留学を経て”海外就職するという選択肢”に出会い、1ヶ月の語学留学後シンガポールの人材紹介会社で採用されました。」

今回お話をうかがった3名は駐在員や現地採用という方法で海外就職をされています。

高木さんのように、日本で海外に関わる業務を経験していなくても、留学をきっかけに現地採用されるという方法もあるのですね。

海外で働くことを選んだとき、未来のキャリアをどうイメージしていたか

16820245502_60febfe78e_k
海外就職に興味はあっても、海外で働いたその先がイメージできないという不安や恐怖心がある人も多いと思います。実際に海外に挑戦した皆さんはどんなキャリアのイメージを持っていて、どうして一歩踏み込めたのでしょうか

事前の情報収集で具体的なイメージが掴めたので不安はなかった(高木さん)

「太田さんの本を読んで、”フィリピンでの語学留学を経由したアジア就職”の選択肢を知りました。ワーホリやただの留学(1年という短期であったり学んだ先に何をするのかが見えにくいもの)ではなく、その先に海外で働くことが見えていたので不安はありませんでした。」

『日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。』(スクールウィズ代表 太田英基著)を読んで、海外で働くイメージを具体的に持てたという高木さん。最低限の情報収集をしっかり行い、自ら不安払拭をして海外に挑んだそうです。

また、キャリアアップのために海外を選ぶという選択肢もあります。

キャリアアップするなら海外のほうがチャンスがあると思った(戸田さん)

「結婚後に現地採用でタイに行ったので、周りからは”かなりチャレンジしたね”と言われていました。個人的には日本でのキャリアアップに限界を感じていたので、海外就職はチャンスだと考えていましたし、結果的にもタイで働いたことがキャリアの変化点になっています。タイで働く日本人と知り合うことも多く、プロスポーツ選手の様な”一流”でなくても海外で切り開ける道がいくらでもあることを体感でき、スキルのある日本人が海外に出ないのはもったいないことだなと感じています。」

皆さん「 実際に海外で働いてみると、不安に思っていたことが取越し苦労だったと気付く」と口を揃えておっしゃっていました。英語力や現地の環境よりも「自分の仕事が通用するか否か」についてが論点であったのも印象的です。

英語力について、渡航前と海外就職をしてからの変化

mini_all-member
英語力の変化について話をする高木さん

英語力についてはオンライン英会話や短期の語学留学で磨くこともできますし、これまで働いていたのと同じ業界での海外転職であれば業務上のコミュニケーションにさほど支障がない場合もあります、最終的には現地での仕事を通してキャッチアップすれば問題ないよう。

1か月のフィリピン留学で徹底的に英語面接対策を(高木さん)

「もともと海外旅行で不自由しない程度の語学力だったので、フィリピン留学をした1ヶ月の間は面接をパスすることをゴールとして学んでいました。シンガポールでの終業後、現在は日本のコンサルティング会社でUKや香港とのテレカンや情報収集など、チーム内の海外に関わる業務を一手に引き受けています。」

多国籍な職場環境で毎日話すことで鍛えられた(戸田さん)

「語学には自信がなかったのですが、業務上「IT」という共通言語があったのでなんとかコミュニケーションがとれました。フィリピン・マレーシア・ラオスなどタイでは様々な国の出身者と英語を使って仕事をする機会があり、毎日話すことで鍛えられました。帰国後は日本語もできる中国人と仕事をすることが多いのですが、日本語はあいまいな表現が多く、はっきりとした会話をしたい時には英語でコミュニケーションをとるようにしています。今まで英語を使ってくる日本人がいなかったようで、他の日本人との差別化にもなりました。」

海外就職をしたことが、帰国後もビジネスの相手が日本人だけではない環境で英語をツールに使う機会となり、日本でのキャリアアップにつながったようですね。

後編では、海外就職をした皆さんが再度日本で働く道を選んだ理由や、今後のキャリアプランなどについてお届けしたいと思います。

お楽しみに!(後編へつづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外就職・転職ならCareerWithにお任せ!

  • CareerWithなら
  • ・アジア9ヶ国200案件の求人
  • ・経験豊富なアドバイザーが国選びからサポート
  • ・世界基準の英語力測定が無料

今すぐ登録(無料)する