中国就職ビザ情報

中国のビザ情報

中国に就職する場合には、「就労ビザ」、「外国人就業証」、「居留許可」の取得が必要となります。それぞれの特徴や取得基準、取得方法は下記のようになります。

中国のビザの種類と就労ビザについて

日本国籍の場合、15日以内の観光・業務目的かつパスポートの残存が6か月以上あればビザの取得は不要です。15日以上の滞在の場合、目的に応じたビザの取得が必要です。
2013年9月から外国人に対する不法就労や不法滞在などを厳しく制限する政府の意図により、ビザの種類が入国目的で下記のとおり、12種類と細分化されました。

1 Cビザ 国境を通過する国際乗務員、運送など
2 Dビザ 永住者
3 Fビザ 非商用目的の訪)問者(訪問、視察、学術文化)
4 Gビザ トランジット
5 (1)J-1ビザ
(2)J-2ビザ
中国に常駐する海外メディア機関の外国人常駐記者
中国に短期滞在する海外メディア機関の外国人常駐記者
6 Lビザ 観光客
7 Mビザ 商業目的の訪問者(ビジネス、商談など)
8 (1)Q-1ビザ
(2)Q2ビザ
中国人及び外国人永住者の親戚訪問者(居留)
中国人及び外国人永住者の親戚訪問者(短期)
9 Rビザ 就労する高級人材、招聘人材
10 (1)S-1ビザ
(2)S-2ビザ
就労者、任職者、メディア記者、留学生、研修生の家族(居留)
就労者、任職者、メディア記者、留学生、研修生の家族(居留)
11 (1)X-1ビザ
(2)X-2ビザ
留学生・研修生(長期)
留学生・研修生(6ヶ月以下)
12 Zビザ 就労者

中国で就職する際に必要となる就労ビザは、基本Zビザとなります。
Zビザ、また合わせて必要となる居留許可取得の手続きが完了した後は、1年間の滞在が可能になります。1年後も就労を続ける場合は現地の公安局でビザの延長手続きを行うことで引き続き滞在を続けることが出来ます。

中国の就労ビザの取得基準について

基本的には自国の雇用を守るためにも外国人なら誰でも就労ビザが取れるというわけにもいきません。最低限以下の基準はクリアしなければいけません。

  • 1. 大学卒業以上の学歴を保有していること
  • 2. 二年以上の関連部署での職歴を有すること
  • 3. 健康であること、伝染病などの病原菌を持っていないこと
  • 4. 60歳未満であること

ですので、中国において現地採用で日本人を雇用する場合にも上記の条件をクリアできずに雇用できないケースも多く見受けられます。気をつけないといけないのが年齢制限です。特に熟練技術者などは高齢の場合が多いので、特に注意が必要です。各都市に対応も違うので、事前に問い合わせをし、よく確認することが必要です。

中国の就労ビザの取得方法について

中国の就労ビザ取得方法の詳細は、下記の通りです。

所要日数 中4営業日程度
必要な書類
(本人が準備するもの)
  • 1. パスポート(原本・コピー)
  • 2. 写真
  • 3. 卒業証明書(和文)1通
  • 4. 外国人体格検査記録(国公立病院で受診)
  • 5. ビザ申請書
  • 6. 資格証明書(就職先企業で用意)要中国語翻訳
  • 7. 履歴証明書(就職先企業で用意)要中国語翻訳
  • 8. 招聘状(就職先企業が用意)
  • 9. 被授権単位査証発給通知表(就職先企業が取得)
フロー 本人が直接または旅行代理店を通じて最寄りの中国大使館または領事館で申請

中国の外国人就業証の取得方法について

中国で就労するためには外国人就業証が必要となります。取得の詳細は、下記の通りです。

所要日数 1週間から15日
必要な書類
(本人が準備するもの)
  • 1. 申請書類は外国人就業許可書
  • 2. パスポート
  • 3. 健康診断書(上記I.の手続きで健康診断書を提出している場合は不要)
  • 4. 雇用契約書の写し
  • 5. 外国人就業登記表
  • 6. 写真

※健康診断書の書式については中国の提出先(管轄地の人力資源・社会保障行政部門)にお問い合わせください。

フロー
  • 1. 中国へ入国後15日以内に、許可証に基づき中国受入れ企業と労働契約を締結
  • 2. 管轄地の人力資・社会保障行政部門に「外国人就業証」の発給を申請

中国の居留許可の取得方法について

中国で就労するためには居留許可証が必要となります。
取得の詳細は、下記の通りです。

所要日数 15営業日
必要な書類
(本人が準備するもの)
  • 1. 就業許可証(就職先企業が準備)
  • 2. 健康診断書
  • 3. 写真
  • 4. パスポート原本
  • 5. 中国企業の営業許可証
  • 6. 外国人居留申請書
フロー 就業証を受領後、入国後30日以内に受入れ企業所在地管轄の公安機関へ「外国人居留証明書」を申請

※こちらの内容は、2016年2月時点の情報を元に作成しています。
就労ビザ等の情報は各国の政策により随時変更されますので、最新の情報は関係機関にて必ずご確認下さい。

海外就職・転職ならCareerWithにお任せ!

  • CareerWithなら
  • ・アジア9ヶ国200案件の求人
  • ・経験豊富なアドバイザーが国選びからサポート
  • ・世界基準の英語力測定が無料

今すぐ登録(無料)する