マレーシア就職ビザ情報

マレーシアのビザ情報

マレーシアに就職する場合には、「就労ビザ」の取得が必要となります。その特徴や取得基準、取得方法は下記のようになります。

マレーシアのビザの種類と就労ビザについて

マレーシアに入国する場合、滞在期間が3か月以内で観光目的ならビザの申請をしなくても構いません。 ただし、就労や勉学・海外就職などで入国や長期滞在をする場合は、目的別によりビザを取得する必要があります。
ビザの種類は目的により下記のとおり、7種類となります。

1 商用訪問パス 企業のセミナーや会議などを目的にマレーシアに滞在する人が対象。
2 一時就労パス 1年以内の短期滞在者が対象。出張や研修目的。
3 学生ビザ 教育機関で学生として登録される外国人専用のビザ。
4 結婚ビザ マレーシア国籍の夫・妻と結婚で発給。
5 就労ビザ 外国人が長期就労や海外就職をするために必要。
3種類に分かれている(一般職・企業経営者・幹部)。
6 永住ビザ(PR) 合法的に継続して5年間滞在かつ税金を年間7500リンギ以上納付
7 マレーシア退職者ビザ 年齢により必要な定期預金金額を満たす必要あり。

マレーシアで就職する際に必要となるビザは、5の就労ビザとなります。
この就労ビザは2年更新ですが、取得後滞在期間の制限はなく、出入国の回数も無制限となっております。
ただマレーシア人の雇用を守るためにイミグレの裁量により5年~10年で打ち止めとなってしまうケースもあるので注意が必要です。

マレーシアの就労ビザの取得基準について

マレーシアの就労ビザを取得できる条件ですが、学歴や職歴はあまり重要視されていません。
ただし下記の能力があったほうが有利とされています。

  • 1. 技術職以外の方なら短大またはそれ以上の学歴
  • 2. ある程度の職歴(月額支給額が5千リンギ以上ではないと許可が下りないため)
  • 3. 英語スキル(マレーシアでは英語が普及しているためマレー語の取得はしなくても構いませんが、英語スキルはほぼ必須)
  • 4. 職務を円滑に進めるための高いコミュニケーション能力

マレーシアの就労ビザの取得方法について

マレーシアの就労ビザを取得の詳細は、下記の通りです。
就労ビザ申請は、基本的に現地の雇用主が行います。そのため本人が日本国内で手続きをする必要はありません。

所要日数 約1か月
必要な書類
(本人が準備するもの)
  • 1. 就労ビザ申請用紙
  • 2. 最終学歴の英文卒業証明書/英文履歴書
  • 3. パスポート用サイズの顔写真(背景の色に指定あり、枚数は企業により異なる)
  • 4. パスポート(原本/コピー)
フロー
  • 1. 雇用主が企業業種を管轄している機関から「外国人雇用許可書」を取得
  • 2. 出入国管理局にビザを申請して、審査が通れば就労ビザが発給

※こちらの内容は、2016年2月時点の情報を元に作成しています。
就労ビザ等の情報は各国の政策により随時変更されますので、最新の情報は関係機関にて必ずご確認下さい。

海外就職・転職ならCareerWithにお任せ!

  • CareerWithなら
  • ・アジア9ヶ国200案件の求人
  • ・経験豊富なアドバイザーが国選びからサポート
  • ・世界基準の英語力測定が無料

今すぐ登録(無料)する